ブラウザをフルスクリーン表示するJavaScript



最近はあまり無いですが、昔Flashサイトをブラウザフルスクリーンで表示させる時に使ってたJavaScriptです。

 

1-1.呼出元ページのJavaScriptの記述

<script type="text/JavaScript">
<!--
function openWin(theURL,winName,features) {
  window.open(theURL,winName,features);
}
//-->
</script>

 

1-2.呼出元ページのリンクの記述

<a href="javascript:openWin('full.html','main','toolbar=no,location=no,status=no,menubar=no,scrollbars=no,resizable=yes,width=1000,height=550');" title="ブラウザをフルスクリーン表示するJavaScriptのデモ(呼出先)">>このリンクをクリック</a>

上記より、

  • full.htmlはフルスクリーンで表示する呼出先のhtmlページ
  • widthとheightのサイズは任意

です。
 

2.呼出先(フルスクリーン表示)ページのJavaScriptの記述

<script language="JavaScript" type="text/JavaScript">
self.moveTo(0,0);
self.resizeTo(screen.availWidth,screen.availHeight);
self.focus();
</script>

上記をヘッダーに記述して下さい。
 
ブラウザをフルスクリーン表示するJavaScriptのデモ(呼出元)
 

近年私の周りではFlashメインのサイトを作ることはほぼなくなって来てまして、使い時があまり無くなりましたが、
jQueryを使用したアニメーションメインのサイトでは今後使う可能性も無きにしもあらずですかね。